タイタンFXで口座開設する前に、会社概要などの情報をチェックしておくという方もいると思いますが、実際にFX業者を選定する上で、会社概要をチェックしておくことはとても大切です。

ここでは、タイタンFXの会社概要についてまとめました。

タイタンFXの会社概要

今でこそタイタンFXとして知られていますが、かつてはタイタンFXの前身となるFX業者が別名義(PepperStone)で運営を行っていました。

2014年には日本の金融庁とオーストラリアのASIC(オーストラリア証券投資委員会)との間で、オーストラリアを本拠地とするFX業者は日本人を対象としたビジネスを一切行わないといった旨の取り決めが交わされていました。

オーストラリアを本拠地として日本人向けにビジネスを行っていたのが、PepperStoneでしたので、PepperStoneは日本人の取引口座をすべて閉鎖、日本人相手のサービスを停止してしまいました。現在もPepperStone自体は存在していますが、オーストラリア人相手のサービスを行っている程度にすぎません。

そんなPepperStoneが日本からの撤退と同時期に上層部数人らが独立する形で、ニュージーランドを本拠地としたFX業者を設立したのが「タイタンFX」。つまりタイタンFXはPepperStoneの血を継いでいるのですね。

タイタンFXの本社はニュージーランドにありましたが、現在税法上等の問題からバヌアツ共和国へと本社移転しています。

そんなタイタンFXの会社概要は以下のようなものとなっています。

会社名 タイタンFX Limited
所在国 バヌアツ共和国
所在地 1st Floor, Govant Building, Kumul Highway, Port Vila, Vanuatu
金融ライセンス バヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)
設立 2014年
日本語対応 あり
サポート メール、電話、チャット、フォーム
資金管理 分別管理
【所在国】

タイタンFXはニュージーランドからバヌアツ共和国へと本社移転しました。
バヌアツ共和国よりニュージーランドのほうが名の知れた存在なので、よくわからない国に移転したとなるといろいろ不安に感じる方もいるかもしれませんが、これはただ税法などの関係で移転させただけで、移転したからといってサービスが低下しているわけでもありませんので心配いりません。

【所在地】

所在地に関しては、バヌアツ共和国の実在する住所となります。
Google map等でも海外住所が簡単に確認できますので、不安であれば住所をそのまま検索してみましょう。

【金融ライセンス】

タイタンFXはバヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)の金融ライセンスを取得しています。
タイタンFXはこの金融ライセンスを取得する前に、別の金融ライセンスを取得していましたが、それはニュージーランド金融サービスプロバイダーレジストリ(FSPR)と呼ばれるものでした。

しかし、ニュージーランド金融サービスプロバイダーレジストリ(FSPR)は金融ライセンスとしてはあまりよくないという声もある、ということもあって、ニュージーランド金融サービスプロバイダーレジストリ(FSPR)よりも難易度の高いバヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)の金融ライセンスを取得したと考えられます。

つまり、タイタンFXはより難しい金融ライセンスに切り替えた、より難しい金融ライセンスを取得できるだけのレベルアップを果たしたわけですね。

【設立】

タイタンFXの設立は2014年となっているのですが、10年に満たないという運営機関の観点で不安を感じている方も中にはいるかもしれません。
ただし、もともとはPepperStoneという名前でFX業者として質のいいサービスを提供していたわけで、PepperStoneとして運営をおこなっていた期間を加えて考えれば運営実績の面でそこまで大きな不安はないのではないかと思われます。
むしろ、PepperStoneとして実績がある状態で新しく設立したタイタンFXだから安心できるとも言えないでしょうか?

【日本語対応】

タイタンFXは日本語対応可のFX業者です。
もともとPepperStone時代から日本人向けにサービスを提供していたわけですから、日本人への対応というのは慣れています。
公式ホームページの日本語にも違和感はありませんし、サポートもしっかり日本語で行ってくれます。

海外FX業者の中には公式ホームページの日本語に違和感が残っているもの、サポートでも日本人スタッフが対応してくれないところもあります。そんな中では、タイタンFXは安心できる海外FX業者と言えるのではないでしょうか。

【サポート】

タイタンFXのサポートは現在「メール」「電話」「チャット」「フォーム」の4つの方法が用意されています。

最近では電話サポートがない海外FX業者が多い中、タイタンFXにおいては電話で日本語サポートがあるのはとてもありがたいことです。
チャットに関しては24時間対応にて、他の海外FX業者と比べても比較的良心的で安心できると言えます。

【資金管理】

タイタンFXの資金管理は、分別管理です。
FX業者での資金管理は、「信託保全」が一番の理想系です。しかし、海外FXはもともと分別管理としているところが非常に多いですし、その分別管理の中でもタイタンFXは信頼できる大手の銀行に資金を預けている優良海外FX業者。万が一を考えた場合、まったくリスクがないわけではないものの、比較的安心できる形を取っています。

タイタンFXで忘れてはいけないZERO POINT TECHNOLOGY

タイタンFXの会社概要について見てきましたが、タイタンFXでは忘れてはいけないものとして「ZERO POINT TECHNOLOGY」があります。
タイタンFXは2016年にZERO POINT TECHNOLOGYを取り入れましたが、これによりリクオートやスリッページの発生率は格段に低下しました。

タイタンFXがサービスを提供し始めた頃、その約定力に不安があるという声が多かったのですが、結果としてその約定力の弱さを克服しました。

タイタンFXのZERO POINT TECHNOLOGYとは、具体的に以下のような内容です。

  • トレーダー注文決済時に最良のLPが抽出されるZero Point 自動スプレッド最小化システム(ZP-ASM)によるプライシング
  • 圧倒的な流動性を確保するダイナミック・リクイディティ・アグリゲーション(ZP-DLA)
  • 約定スピード向上に一役買った光速度による注文がスタンダードのZero Point約定スピード最適化機能(ZP-OEO)

中でも特筆すべきこととしては、ZERO POINT TECHNOLOGYがタイタンFXの自社開発である点です。タイタンFXは他の海外FX業者と比べても優秀な点が多いと感じますが、それはまさに企業努力に尽きると言っても過言ではありません!